BlackBerry FanSite

日本唯一のBlackBerry専門情報サイト

*

BlackBerry Bold 9900 おさらいレビュー 外観編

   

BlackBerry Bold 9900が恐らくもうすぐ発売されるのを記念して、9900についてのおさらいレビューを掲載していきたいと思います。
まずは外観のおさらいから。

BlackBerry Bold 9900は(勝手な推測ですが)BlackBerry Bold 9000の後継機と言える端末です。
これまでの低スペックなハードをOS等のチューニングで補って便利な使い勝手を実現してきたモデルと異なり、CPUにSnapDragon 1.2GHzを搭載するなど、ハードウェア的にも高スペックとなっています。

液晶は2.8インチの解像度640*480。
大画面のAndroidやiPhoneと比べると見劣りするかもしれませんが、BlackBerry史上では最高クラスの解像度です。

ちなみに過去のBlackBerry端末の液晶サイズと解像度は以下の通り。

9000で2.6インチの解像度が480*320。
9700&9780では2.4インチの解像度が480*360。

見た目もシルバーのベゼルが高級感を感じさせますが、これまでのBlackBerry端末と明らかに違うのが手に持った際の質感です。
非常に高級感あふれ、しっかりとした質感に仕上がっています。

本体は非常に薄く、10.5ミリの薄さです。
ここまで薄いと持ちにくいかな?とも思いましたがそうでもなかったですね。

向かって右側、本体横には薄く細くボタンが付いています。
この形状だと押しにくいかな?と思いましたがそうでもなく、しっかりと押せます。

上に付いてる3つはボリュームコントロールと音楽の再生/停止ボタン。

下に付いているボタンはカメラボタンですが、割り当ての変更が可能です。
最近のスマートフォンでボタンの割り当てが変更がOS標準で可能なのはBlackBerryぐらいで、これは非常にポイントが高いと思います。

向かって左側はヘッドフォンジャックとmicroUSBポートが付いています。

 IMGP1251

底面と上部。
底面には充電用の接点があります。
ここを使ってチャージングポットで充電します。
上部は電源ボタン。
ここを使って本体をサスペンドさせます。

OS7以降から、というわけではなく最近のBlackBerryOSに共通の改善点があるのですが、最近は電話中にサスペンドボタンで画面を消すことが出来ます。

 IMGP1254IMGP1270 IMGP1271

背面にはカメラとフラッシュが付いています。
真ん中はバッテリーカバーになっており、そのまま外れます。
裏蓋の中にmicroSDが入ります。
取り出しはバッテリーを外す必要があります。

バッテリーの下にSIMカードが入ります。

SIMカードの交換にもバッテリーを外す必要があります。

 IMGP1260

外周からバッテリーのふたにかけて傾斜が付いており、その部分の素材はマットな素材になっています。
このおかげで手に持っても滑りにくく 感じます。

スピーカーは背面の下部に付いています。
音圧もなかなかあり、音も良いように思います。

 IMGP1259

液晶の下にはタッチパッド。
周辺が光るのがなにげに格好良いです。
BlackBerry Bold 9900には画面タッチ機能が付いていますが、タッチパッドとキーボードだけでも操作を完結させることが可能です。
受話と終話ボタンが赤/緑から白になっています。
タッチパッド左右のメニュー系のボタンは全て一枚の板で構成されています。
分離している方が押しやすいんじゃ無いか、と思っていましたがそうでもありませんね、操作に問題は無いです。

キーボードは本当に入力がしやすいです。
この質感は歴代のBlackBerry Bold 端末史上最高の品質だと思います。
長時間入力してもほとんど疲れません。
これまでは9000>9700&9780>9300という感じだったのですが、これが9900>9000になりました。

今回のマイナスポイントとしてはストラップホールが付いていない事が挙げられます。
ちなみに、私はバッテリーのふたに穴を開けてストラップを通しています。

というわけで非常に高級感あふれる端末です。
docomoから出たら速攻で購入したいと思います。

 - 9900, 本体