BlackBerry FanSite

日本唯一のBlackBerry専門情報サイト

*

BlackBerry KEYoneのmicroSDを外部ストレージとしてフォーマットし直してみる

      2017/09/13

先日microSDカードを内蔵ストレージとしてフォーマットするメリットについて考察しましたが、KEYoneで内蔵ストレージにするデメリットとしては、メモリが足りてるのにmicroSD上にアプリがインストールされて気分が良くないとか、microSDを内蔵ストレージとしてフォーマットしたら他の端末から読めないのでデータの受け渡しの際に不便だ、などがあるのですが、どれも差し迫ったものではありません。

でもメリットがいまいち思い浮かばないため、一度外部メディアとしてフォーマットしてみました。
まずはストレージの設定から内部ストレージを選択します。

次に内部ストレージの右上のメニューを開き「データ移行」を選択します。

これでSDカード上のメディアファイルの類は自動で内部ストレージにコピーされます。

しかしながらSDカード上にインストールしたアプリケーションは移っていません。

あれ困ったなと思っていたのですが、移し方はすぐに調べがつきました。

この場合SDカードを選択してインストールしているアプリを表示して、SDカードから移動したいアプリを選択します。

アプリの詳細が表示されるので「使用されているストレージ」を確認し「SDカード」になっているのを「変更」を押して「内部ストレージ」に変更します。

以上の手順で全部のアプリを移動します。

全部のアプリを移動したらSDカードを外部ストレージとしてフォーマットします。

後は手作業で写真を移したり、音楽ファイルを移したりしたら完了です。

写真はmicroSD直下にDCIMというフォルダが、さらにその中にCameraというフォルダが出来てそこに保存されます。

音楽ファイルはmicroSD直下にMusicというフォルダを作成し、そこに音楽ファイルを流し込めばOKです。

カメラの写真は自動で外部ストレージに保存されたのですがスクリーンショットは内蔵ストレージにしか保存されないみたいです。

これは想定外でした。

画像ファイルで内蔵ストレージを消費するのは気分が良くないですし、アプリがmicroSDに保存されるのは後から簡単に移せるのので、やっぱりmicroSDのフォーマットは内蔵ストレージに戻そうと思います。

 - BlackBerry KEYone, KEYone本体設定

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です