BlackBerry FanSite

日本唯一のBlackBerry専門情報サイト

*

2017年を振り返ってみて

   

今年もBlackBerry FanSiteをご覧頂きありがとうございます。

色々落ち着いてきましたので、久々に今年の総括がてら今年一年を振り返ってみたいと思います。

今年一年で最も印象深かった端末

2017年を振り返ってみると、やはり印象深かったのはKEYoneの登場ですね。

Android搭載のBlackBerryとしては、Privも非常に良かったのですが、KEYoneはAndroid搭載BlackBerryの理想型ともいえる端末だったと思います。

サイズがPrivより少し小さい感じで、それでいてキーボードなどに押し辛さはなく、常に表に出ているのでキーボード長押しのランチャー機能などが非常に便利で、アプリ系のランチャーいらずといっても過言ではないぐらいだと思います。

発売前に感じていた不安についても

どちらも杞憂に終わって良かったなと思っています。
まぁ、並列処理が苦手なCPUというのは紛れもない事実で、例えばそれは画像の処理の際などに結構なもたつきとなって現れてきたりするわけですが、それでもそれは希に現れる現象というだけで、別段毎回私を苦しめるわけではありませんでした。

また、デザイン面でも当初TCLの製造ということで非常に不安に思うこともあったのですが、思ったより出来がよく、あとから実は設計はBlackBerry社がやってたという事が後からわかり、その出来の良さに納得しました。

というか、なんで自社開発の時にこれが出来なかったのかと…

また、バッテリーの持ちも非常に秀逸で、普通に使って満足に一日バッテリーが持つスマホというのは、実は生まれて初めてだったりします。

ほぼ一日使ってバッテリーがもつというのは、色々な活用の可能性が広がるという事で、例えば活動計との連携なんかも、バッテリーの残量を気にせず行えるというのは非常にありがたいことです。

そのため、これまではバッテリーの残量が気になって途中でやめていたので、活動計をきちんと連携させ、LINEのメッセージなども飛ばして活用し続けるというのは結構初のことだったりします。

こういう使い方をしてみて実感として思ったのは、SNSのメッセージを手元で確認できるって本当に便利なんですよね。

普段ポケットで見逃していたメッセージなどを手元で知らせてくれるので、見逃しが結構減ります。

さらにはBluetoothのヘッドセットなんかも連携させて使い続けることが出来ました。

バッテリーがもつというのは、本当にいろんな可能性が見えてくるという事だと思います。

最も未来を感じる端末

2017年最も未来を感じた端末はAmazon Echoです。
確かにまだまだ会話というよりはボイスコマンドを実行しているだけ、という印象です。

音楽をかける場合もあまり狙った曲はかからず、それっぽいような曲ばっかりかかります。
認識も言うほど優秀なわけではありません。

それでも画面を見ず、手を使わずにいろんな事が出来るというのは本当に便利で未来を感じます。

今後アップデートで賢くなっていくことが期待されます。

来年はきっと画面付きの機種が発売されるでしょうが、きっとそれも買います。

でも、Kindle FireTVStickとの連携はさっさと実現して欲しいです。

 - BBB日記

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です