BlackBerry FanSite

日本唯一のBlackBerry専門情報サイト

*

BlackBerry KEY2が家に来た その2 BlackBerry KEY2の外観紹介

   

KEY2に関しては噂が結構先行している部分があって、これまで色々と推測ばかりで語ってきた部分がありますが…

いよいよ実物を元に語れる日がやってきました。
というわけで、まずはBlackBerry KEY2の外観を紹介します。

まずこちらが正面。

今回筐体の色が黒色でかなり締まった印象を持ちます。

それでいてキーボードは大きく確かにうちやすいです。

画面の盾マークは液晶保護用のシートで、これは後で剥がします。

ちなみに背面にも保護シートが貼っています。

シートはロゴを避けるように切り抜かれており、色々と説明書きが記載されています。

これを剥がすと背面があらわになります。

背面は一面突起の加工がされており、この突起がかなり手に引っかかる感じで、手に持った際滑りにくくなっています。

背面のロゴはBlackBerryの定番ですが、今回はシルバー加工とかではなく黒のまま、エンボス加工的にロゴが配置されています。

今回少し話題のデュアルレンズカメラは少し出っ張っています。

底面。

TYPE-CのUSBとスピーカーが配置されています。

このUSBで充電やPCとのデータ転送などを行うようです。

上部はヘッドフォンジャックが付いています。

TYPE-CのUSBに統合されなくてよかったです。

向かって右側。

ボリュームコントロールキー、電源キー、コンビニエンスキーが付いています。

電源キーだけ形状が異なるので、押し間違えることはなさそうです。

向かって左側はSIM、microSDスロットのみが配置されています。

スロットは細い金具で穴を押して、トレイを引き出すタイプです。

普段頻繁にSIMやSDを出し入れする人は少し面倒かもしれませんが、そんな人はごく少数でしょうし、誤作動防止にはこのタイプが一番なんでしょうね。

今回サイドキーは向かって右側に統合されたようですね。

少し疑問なのですが、左側に電源キーのあるKEYoneでも特に操作に違和感はなかったのですが、今回キーの配置をかえた理由は何でしょうか。

操作系はひとまとめにしたいとかそういう理由ですかね。

ひと目見た感想は、エッジが効いたデザインになっていて、見た目はシャープで格好良くなっているなと思いました。

キーボードやCPUの性能などについてもこれまでは推測で語ってきていましたが…

そのあたりの感想はまた次回以降にでも。

 - BBNews, BlackBerry, BlackBerry KEY2

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です