BlackBerry FanSite

日本唯一のBlackBerry専門情報サイト

BlackBerry KEY2で使っているTransferJetが取り扱い終了になりましたが

   

先日から何度か紹介しているTransferJetというメモリカードと対応アダプタが、とうとう取り扱い終了になりました。

東芝に買われてから結構経ちますが、最近の東芝を見ていてやばいんじゃないかと思いつつ、ずっと便利に使ってきていました。

それがとうとう取り扱い終了になり、もう手に入りません。

思えば無線の写真転送ソリューションはEye-fiが終了して、次にこのTransferJetが終了、最後はFlashAirぐらいしか残っていないわけですが、FlashAirも東芝で嫌な予感しかしないんですが…

私自身はこの3つの製品は全部使ったことがあるので、以下にその感想などを書いておきます。

・Eye-fi

スマホとwifiで接続して、撮った写真を片っ端から全部転送する仕組み。

スマホ側のwifiがうっかりONになったまま撮影していると、撮る→転送、撮る→転送を繰り返すのでスマホもカメラもバッテリーに優しくない。

・FlashAir

スマホとwifi接続して、撮った写真を選んでダウンロードする仕組み。

選んで取れるというのはなかなかよさそうだけど、サムネイル表示ではなかなか写真の良し悪しがわかりにくいのと、選んでいる間もずっとカメラと接続しっぱなしなのでスマホもカメラもバッテリーに優しくない。

サムネイルの展開がもっさりなのもマイナスポイント。

また、別途アプリをいれることでFlashAirをEye-Fi的に使うことも出来ます。

・TransferJet

カメラのTransferJet対応SDと、スマホに付けたアダプタを近付けることで転送が開始される仕組み。

転送は前の転送以降に撮影した写真全部。

写真を転送したい時に自分からの行動で転送を開始できること、近距離しか飛ばない電波なのでスマホとカメラのバッテリーに優しいことなどがかなりお気に入り。

wifiやbluetoothを使わず独自の電波というのも、wifiもbluetoothも頻繁に別のことに使っている身としてはありがたかったです。

個人的には意図せぬタイミングで転送が発生するというのは避けたかったのと、でも写真を取るときは全部取りたいという2つの要件を満たしてほしかったのですが、TransferJetはまさにそういう意味でうってつけでした。

最近のカメラにはwifi搭載モデルが多く、高速に写真の転送が可能なので、もう需要があまりないのかもしれません。

それでも、例えば一昔前のデジタル一眼で遊んでいる人などにはまだまだ需要があると思うので、どこかで見かけたら買っておくと良いと思います。

 - BlackBerry, BlackBerry KEY2, BlackBerry KEYone, KEY2 周辺機器・アクセサリ, KEYone 周辺機器・アクセサリ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です