BlackBerry FanSite

日本唯一のBlackBerry専門情報サイト

*

BBMのサービス終了を受けBBMeを導入してみた その1

   

BlackBerryMessengerが5月末でサービス終了となります。

一昔前は身の回りの人は結構な割合で導入し、利用していたBBMですが、私の身の回りでもほとんどの人がLINEに移行してしまい、利用者が激減していました。

LINEは支払いのサービス、宅配のサービス、ギフトのサービスと日本に根ざしたサービスを提供しており、非常に便利なんですよね。

一方BBMはというと、やはりそういう所が非常に弱く、まともに戦えなかったんだろうと思います。

BBM終了後の受け皿として準備されたのがBBMeという、BBMのEnterpriseサービスで、本来企業向けだったものがコンシューマー向けに公開されています。

ただし企業向けサービスの開放ということで、6ヶ月あたり290円という料金がかかることになります。

ではどうやって導入するのかという手順を紹介します。

まずはGooglePlayでBBMeを検索して導入し、起動します。

企業云々の警告が出ますが、「続行」を選択します。

SIGN IN YOUR BLACKBERRY IDを選択し、BlackBerryIDとパスワードを入力しサインインします。

このBlackBerryIDはかつてdocomoなどのBlackBerry、いわゆるOS7などの旧来のBlackBerryで利用していたBlackBerryIDになります。

持っていない場合は画面一番下のCreate BlackBerry IDをタッチして作成することが出来ます。

基本的にメールアドレスをIDとし、そのIDと紐付けるパスワードの設定、それを忘れた時の質問と名前で作れるみたいです。

注意する点は、ここのパスワードはあくまでメールアドレスをIDとしたBlackBerryIDのパスワードを設定する箇所であって、メールアドレスのパスワードを設定するところではないということです。

一緒にしといたほうが楽ちんなのはわかりますが、別にしておいたほうがよりセキュアです。

ちなみに私は既にBlackBerryIDを持っているので今回は作りませんでした。

とりあえずIDを作成するか入力するかしたら、権限がないという警告が出ます。

そこでSUBSCRIBEを選択、6ヶ月のサブスクリプションの購入画面が表示されます。

6ヶ月で290円というカスみたいな値段ですが、ここは心を鬼にしてFree Trialを選びます。

最後に支払いの設定を行って完了です。

6ヶ月間のサブスクリプションですが最初の一年は無料、それ以降は有料という事のようです。

こちらの支払いはGooglePlayで管理できるみたいです、アプリの「定期購入を管理」から「定期購入を解約」で解除可能です。

まだ何ができるのかも不明です。

無料でも需要がなかったものが、微課金といえ有料で需要があるのかというと個人的に疑問ですが、恐らくコアなユーザの受け皿なんでしょうね。

今後どういう機能があるのかなど確認していきたいと思います。

 - BlackBerry KEY2, BlackBerry KEYone, Priv, その他(android), アンドロイドアプリ, ツール関連(android)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です