BlackBerry FanSite

日本唯一のBlackBerry専門情報サイト

*

BlackBerry KEY2+AquaMozcを使っているならCtrlキーを使いこなそう その1 文字入力中に英数文字を入力する

      2019/07/23

BlackBerry KEY2の日本語入力にはAquaMozcという事はずっと言っていますが、先日「数字や英数入力が面倒臭くないですか?」という質問が来まして。
あれもしかして皆さんCtrlキーとか使ってないのかなと。

Ctrlキーを使ったらKEY2+AquaMozcでの文字入力が色々はかどるので紹介していきたいと思います。

Ctrlキーとは

CtrlキーというのはWindowsのパソコンで文字入力をする人には結構なじみ深いと思うのですが、キーボードショートカットという機能を使う際に利用するキーです。
Ctrlキーを押しながらキーボード上のキーを押すことで、それぞれ色々な機能を実現することができます。

AquaMozcを導入する事で、KEY2は左shiftキーがコントロールキーに置き換えられます。
ではshiftキーはどうなるのかというと、その右横のマイクアイコンのキーがshiftキーになります。

日本語入力中の半角英数文字の入力に使えるショートカット

今回紹介するのは個人的に文字入力時に一番よく使うショートカットです。

「私はBlackBerryが好きです」というように、日本語入力時に途中で半角英数を入力したいというケースが結構あります。
その際に日本語入力→英語入力に切り替えて都度入力していたのでは非常に効率が悪いです。
今回のケースのように英文字の頭文字が大文字の場合はshiftキーを押しながらBキーを押し、指を離してlackと入力していくと英文字が入力できますが、例えばこれがblackberryのように最初から小文字だったり、BLackberryのように最初2文字が大文字だったりするとうまくいきません。
bぁckべrryだったりBLあckべrryだったりと意図したとおりに文字が入力されません。
そういう場合は、例えばbぁckべrryと入力して、文字を決定する前にCtrl+Pを押します。

するとblackberryとすべてローマ字の全角文字に変換されます。

そのままCtrl+Oを押すとblackberryと今度は半角英文字に変換されます。

つまり日本語入力中に英文字を入力したい場合、そのままローマ字で英単語を入力し決定する前にCtrl+P→Ctrl+Oと押すことで半角英数字に変換することができます。
さらに、Ctrl+Pの後続けて何度かCtrl+Pを押すと都度blackberry→BLACKBERRY→Blackberry→blackberryと大文字小文字を切り替えて変換してくれます。

自分が使いたい大文字小文字の組み合わせになった時にCtrl+Oで半角に変換してやれば、そのままの状態で半角英数字に変換されます。

英文字への変換のケースで説明しましたが、数字の全角→半角も基本的に同じです。
大文字小文字が無いので英文字より単純だと言えるでしょうね。

変換される範囲

非常に便利なCtrl+POですが入力直後と変換中で変換される範囲が異なります。
文字入力した直後、まだ変換の為のスペースキーを押していない場合は、入力した文字列全てが変換の対象になります。
一方、既に変換のためのスペースキーを押した後では、変換候補に選択されている範囲が変換対象になります。

まとめ

非常に便利なので既に全世界の共通認識だと思っていましたが、どうやらまだまだ知らない人が多いらしいCtrl+のキーボードショートカット。
使いこなせれば非常に便利で文字入力もはかどるので、ぜひとも体得していただきたいです。
特にAquaMozcはわざわざCtrlキーの機能を置き換えてまで実現しているので、使わなければもったいないので、体に染みつくまで無駄に文字入力を繰り返してください。

 - BlackBerry KEY2, BlackBerry KEYone, IME(android), Priv, アンドロイドアプリ

Comment

  1. tori_3 より:

    めちゃ便利。
    ATOK+PRIVユーザーです。
    AquaMozcではなくLayout for PRIVですが、
    一緒なんですね。知りませんでした。
    メールアドレスの入力がはかどります。

    • Kuro より:

      すごく便利なのと、やはりこのあたりがQWERTY端末の魅力だと思っているので、アクセス数があまり出ない類の記事なのですが定期的にアップしていますw

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です