BlackBerry FanSite

日本唯一のBlackBerry専門情報サイト

*

Unihertz titanがやってきた! その8 Passportとの比較画像 ハードウェア編

   

titanはPassportの後継という触れ込みで作成されています。
その触れ込みに惹かれて支援した人も、迷っている人もいると思います。

では、実際はどんな感じに仕上がっているのか、実物のPassportと比較しながら紹介していきたいと思います。

まず正面から見たところ。

ぱっと見、titanの方が大きく見えますが、実際かなり大きいです。
縦の長さでいうとPassportのキー2列分ぐらいの長さがあります。

背面の比較。
こちらもかなりシンプルな造りのPassportに比べて結構ごちゃごちゃとした印象です。

キーボード部分の比較。
キー一つ一つのサイズはtitanの方が大きいのですが、押しやすさというか入力のし易さはPassportの方が断然しやすいです。
titanでは軽いタッチで入力すると取りこぼしが頻繁に発生しますが、Passportではあまりそういった事は発生しません。

まぁBlackBerryの日本語入力がクソすぎてそれどころではなかったというのもあるのでしょうけど。

次に液晶周り。
こちらはフラットなPassportに比べて液晶周辺のベゼルがしっかりと主張しているtitan、という感じです。

こういう形状だから落下に強いと言えるのかも知れませんが、この辺りが「デザインが古い」と感じる所以なんだろうとも思います。

厚みの比較。
これはPassportを1とするとtitanは1.7ぐらいの厚みでしょうか。
搭載しているバッテリー量の差もあるのでしょうけどtitanはとても分厚いです。

全体的な感想としては、titanとpassportを比べると、液晶周辺の仕上げであったり、パーツの固定がむき出しの星型のネジであったりと、titanの方が一世代ほど前の技術で作られているという印象です。
大容量バッテリーも、タフ仕様も、小さくする技術がないからそっち方面に走りました?という印象です。(防水にいたっては漏水での故障は保証対象外とか書かれていますし…)

でもまぁ、クラウドファウンディングで作ったんだとしたらよく出来ている方だと思います。

Passportの後継というよりはキーボード付き小型タブレットと考えたほうが良いかも知れません。

 - BBNews

Comment

  1. Quadrophenia より:

    まだ実機が届いていませんが、passportと比較すると
    でかい、ごつい、おもいって感じですよね。

    • Kuro より:

      比較するまでもなく、でかい、ごつい、おもい、ダサいって感じですw

  2. Q10使用者その1 より:

     パスポートよりも大きければ、小さな手の個人は厳しい感じですね。そこに厚みもとなれば更に… 防水についての注意書きが何だか意味深ですが、ヨドバシやビックカメラで実機がディスプレイされて販売されるような事があるなら手に取って実感を持ちたい気はします。日本列島の実店舗で販売されるとしたら、その前に実機を触れるような企画をウニハーツはんがやってくれることを願いたいです。
     それにしても、ブラックベリーは新たな製品を何時出すのでしょう? そっちに秘かな期待が移りつつあります。(苦微笑)

  3. Tori_3 より:

    私の所にもようやく到着しました。
    各種設定をしながら
    メーカーの違いを楽しんでいます。
    日本語変換もBBkeyboard に比べたら
    十分なので、自分の適応力に期待しながら
    当面はこのままで行こうかと。
    ランチャーは使い慣れたBBランチャーを入れましたが、
    日本語版privとは違い広告が入るのには苦笑しました。
    到着までの間情報提供ありがとうございました。

Kuro にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です