BlackBerry FanSite

日本唯一のBlackBerry専門情報サイト

*

Body Glove Snap-On CaseでCurveを立てて使ったり

      2011/03/22

今回はBlackBerryを厚手の素材でしっかり守る。
Body Glove Snap-On Caseを紹介します。

こちらはベルトクリップがついて、ベルトにとめることが出来る製品です。

前面は大きく切り抜かれているので、目的は本体の背面と側面の保護がメインですね。

ケースの内側は起毛の素材です。

これで本体をしっかりと固定するようですね。
ケースは前面部分の爪で背面部分のケースにしっかりと引っ掛けます。
パチン パチンととまるので、かなりしっかりと固定されます。

取り付けてみたところ。

液晶にケースがかかることもなく、キーボードにケースの縁がかかったりもしません。
結構しっかりと作られています。

ただ、キーボードの周辺のケースに指がかかることはあるので、このへんは若干慣れですね。

両サイド。
当然のことながらボタンとポートの周りは切り抜かれています。

ケースの厚みがあるのでボタンを押す際は若干強めに押し込む必要があります。

ストラップホールはケースの継ぎ目の部分にあるので、ストラップをつけたままケースの付け外しが出来ます。

背面はベルトクリップを取り付けられるような構造になっています。
また、カメラ周辺はきっちりと切り抜かれています。

ケースの上部。
ここはメディアキーへアクセスできるよう大きく切り抜かれています。
メディアキーへのアクセスは全く問題ないですね。

ケース底面部。
ここはマイクの周辺が切り抜かれています。

それとは別にケース着脱用の穴が開いています。
ここに5円玉などを入れてこじることで、簡単にケースを開けることが出来ます。

背面にベルトクリップをつけたところ。
このベルトクリップがスタンドにもなります。
上からパチンと外して下ろすことでCurveを立てておくことが出来るので、動画を見るときなどに便利ですね。

ベルトクリップの固定具部分は使わない人は外しておくことができます。

固定具はケースを外した状態だと、外から押すと簡単に取れる仕組みになっています。
固定具を外した状態であれば同梱されているプラスチックの部品で外した穴をうめることが出来るので、背面をフラットで使いたい人にも安心です。

しっかり保護が目的の人に是非どうぞ。

こちらからどうぞ。

 - 9300, ケース

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です