BlackBerry FanSite

日本唯一のBlackBerry専門情報サイト

*

BlackBerry 9790 工作( Backdoor 編 )

   

今回はBlackBerry Bold 9790を入手したCudaさんからの寄稿です。

Bold9000 を使っていた頃、初めて 9700 に触れた時、そのコンパクトさには驚きましたが、今回の 9790 にもまたまた驚かされました。

正直、webで情報を見ていた時には、そんなに魅力は感じなくて、OS7デバイスも Torch9810 を購入していたので余計に食指が伸びませんでした。しかし、やっぱり手に取るとダメですねー。9790 からコンパクトさに加え、さらに薄くなって、めっちゃ可愛くなっています。

勿論、デバイスの大きさやデザインには好みや相性があって、小さければ良いってもんでもありません。ソフト面はまた別として、元々私はちいちゃいのが好みなのか、先日発売された「ストラップケータイ」なるものにも興味津々なわけです。話は逸れましたが、昨今のスマートフォンブームで画面の大きなデバイスが増えている中、逆に新鮮に感じたのもありますね。フォトレビューは既出ですので省きますが、これは機会があれば是非触って欲しいと思います。

ってなわけで、今回の購入先はこちらでお世話になりました。9790 が届いて先ず何をしたかと言いますと、スクリーンプロテクターを貼りましたが(今回はスパプロ)、カーボン柄大好きな私はバックドアー(バッテリーカバー)にカーボン柄シールを貼ってみました。せっかくの薄型デバイスなので、それを損なわないケースを探していたのですが、クリアスキンケース的なものが無かったのも、シールを貼る理由のひとつでもありました。

使用したのは、
・「 BlackBerry Bold 9790 用 BodyGuardz Carbon Fiber Skin
・「 Super Protector(クリスタルクリア)BlackBerry Bold 9700 」

 

数年前に使用した時の BodyGuard はボディにミストで水糊を塗布してからシートを貼っていたのですが、昨年 MacBookAir 用で使用した時には今回同様、シール状になっているので、とても簡単になっています。 このとおり背面からの見た目は全く別の物のようになりました。

と、ここで終わりなのですが、個人的にはどうしてもシート周囲の下地(パネル)が見える部分が気になったので、違うシートも試してみことに。

これは、東急ハンズ(心斎橋店)で見つけたシール状のカーボン柄フィルム。

 

バックドアパネルは別に型紙を作成しなくても、フィルムを少し大きめに切ってパネルに貼付け、余った部分をデザインカッター等でカットすれば良いのですが、ベゼルの一部とカメラパネルにもフィルムを貼るので、型紙を作ってみることにしました。BBのマーク部分は型紙には入れましたが、実際フィルムをカットするのは面倒だったので省略。
貼る際にちょっと難しかったのが、バックドアパネルの下部。BodyGuard では U 字の切り込みがあり、曲がったシートが干渉しないよう工夫がなされていたのですが、その空間も埋めたかったので、角の部分に対角 5mm 程の切り込みを入れ、シートが重なって端(パネル中央側)が角ばった部分をドライヤーで少し温めて柔らかくしてから、手の平で押さえ丸く仕上げました。
素人の割には、かなりギリギリまでパネルを隠すことができたのでそれなりに満足。(良く見たら粗が見えるので、画像拡大は禁止)
後は耐久性の問題ですね。

以上で BlackBerry FanSite の初レビューでしたが、お粗末様でした m(_ _)m

 

 - 9790, カスタマイズ, 本体