Fire in the bath アマゾン怒りの入浴

BBB日記

これまで色々と書いてきているお風呂時間の充実関係の記事ですが。
ここにきて我が家の環境が少し変わったので記載しておきます。

これまでは防水ポーチに入れたFireHDを風呂に持ち込み、音楽などは防水スピーカーで聴くという環境でした。
個人的にお風呂でスピーカーで音楽に関しては少し不満があって、シャワーを浴びている間音楽が聞こえにくいんですよね。
風呂に入る時間が遅いこともあり、あまり大音量でガンガン鳴らすわけにもいかず、かといって頭を洗ったり体を洗ったりして流す際にはほとんど曲が聞こえないというのは結構ストレスなんですよね。
リラックスするために風呂入っているのにそんな事でイライラするのも馬鹿らしいなと思っていました。

そんな時に普段使いしていたワイヤレスヘッドセット「Jabra Elite Acitve 75t」に代わり「Jabra Elite 85t」がメインの座に就いたため75tの処遇を考える必要があり、そういえばActiveは防塵防水性能がIP57だから水没しても大丈夫だよなと気が付きまして。
じゃあ風呂場で使ってみるかと持ち込むことにしました。

念のため書いておきますが、IPX7の防水性能は別に風呂での使用を推奨していません。
IPXという防水の規格はあくまで常温の水に水没させても大丈夫というだけで、お湯であったり湯気であったり、界面活性剤を含んだ石鹸やシャンプーへの耐性については何ら保証するものではありません。
私はあくまで「壊れても構わない」という心づもりで使用していてたまたま使えているだけなので、その点はご認識おきください。

いずれにせよ、行き場のなくなった「Jabra Elite Acitve 75t」は風呂場で輝きました。
耳に入れたまま体を洗って、シャンプーして、バシャバシャ流しまくっても今のところほとんど問題ありません。
おかげでとても快適な音楽ライフを楽しめています。

湯船につかりながらKindleで漫画を読みながら音楽を聴いたり。
たまには湯船につかりながら動画を見たり。
体を洗いながら音楽を聴いて、また湯船につかって温まりなおしたり。

最近だとElite Active 65tがamazonで1万円前後になっています。
こちらはIP56に対応しており、噴流水への耐性があるためシャワー程度には全く問題ないのかなと期待しており、万一75tが壊れた時のために予備で買っておくかなと思ったりしています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました