BlackBerry FanSite

日本唯一のBlackBerry専門情報サイト

*

BlackBerryのハードウェア独自生産からの撤退に関しニュースをまとめてみた

   

BlackBerryが端末の独自生産をやめ、外部のパートナーに委託し、今後はソフトウェア開発に注力するという発表を受け、Googleでニュース検索をかけてみました。

BlackBerryは現地時間9月28日、スマートフォンの生産を打ち切ると発表した。同社は、Googleの「Android」ソフトウェアを採用することでユーザーの関心を取り戻そうとしてきたが、苦境から脱することはできなかった。今後、ハードウェアの設計と開発は他社に委託して、ソフトウエア事業に注力する。

BlackBerry、スマートフォン生産の打ち切りを発表

最初のパートナーは、インドネシアで設立する合弁企業BB Merah Putihで、同社がBlackBerryの端末技術のライセンスを受け、Android端末を現地で製造、販売する。インドネシアは現在、BlackBerryにとって最大の市場になっているという。

BlackBerry、端末開発を外部委託し、ソフトウェア企業に

カナダBlackBerryは現地時間2016年9月28日、2017会計年度第2四半期(2016年6月~8月)の業績を報告する中で、スマートフォンの生産を打ち切る方針を明らかにした。

 社内でのモバイルハードウエア開発を終了し、パートナー企業にアウトソースする。これにより、資本効率を高められるとしている。

BlackBerryがスマホ生産から撤退、今後はソフトウエアに注力

カナダの通信機器メーカー、ブラックベリーは2016年9月28日、スマートフォンなど全ての携帯端末の自社生産を終了すると発表した。今後はセキュリティーなどソフト事業に注力する。

携帯端末に関してはノキアに次ぐ業界第2位の地位にあったが、スマートフォンの時代を迎えてからは販売シェアを落とし続けてきた。

BlackBerryがハードウェア事業から撤退 スマホなど生産終了

BlackBerry の CEO である John Chen 氏が 9 月 28 日(カナダ時間)に発表された 2017 年度 Q2 の決算発表資料の中で、自社でのハードウェア開発を終了する方針を発表しました。
BlackBerry、自社でのハードウェア開発の終了を発表、今後は外部に委託

ニュースとしては5件、かな。
日本では正式にサービスを展開しているわけではないので、ニュースとしての扱いも少ないですね。
大半のニュースはハードウェア事業から撤退すること、今後はソフトウェア開発に注力すること、あとは損益の話とか、パートナー企業の話とかを記載するにとどまっています。

今後の端末事業がどうなるのか、という事について考察らしい事をしているのはガジェット通信のみですし、日本撤退した企業の扱いは、国内ではこんなものなのかもしれないですね。

ちなみに、日本で一番最初に撤退のニュースに振れたのは多分弊サイトだと思いますw

 - BBNews

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です