ASUS Detachable CM3にLinux環境を入れてみた

chromebook

ASUSのDetachable CM3にはLinux環境が付属しているらしいです。

私はほとんどLinuxを使わないのですが、あるものは触ってみたいということで、とりあえずLinuxアプリを有効にしてみました。
設定の「デベロッパー」からLinux開発環境(ベータ版)の「オンにする」を選択します。

「セットアップ」画面が表示されます。
Linux環境というからにはコマンドで色々入れて、という作業が必要なのかなと思ったのですが、GUIで簡単にできるってすごいですね。

ユーザー名とディスクサイズを設定します。
とりあえず下手に触るのもアレなので、デフォルトのまま「インストール」を選択します。

インストールが走ります。
途中で「キャンセル」するとインストールにかかる時間よりも時間がかかるので辛抱強く待つのがおすすめです。

ターミナル画面が起動してきたらインストール完了です。

とりあえずアップデート&アップグレードのコマンドを実行します。

次にアプリケーションマネージャーのflatpakという仕組みを導入します。
flatpakを使えばアプリの導入管理はラクチンらしいです。

導入の手順はこちらに従って行います。

その後flathubのページに掲載されているfirefoxのページに記載されている導入のコマンドを実行!

しましたがなんかエラーが表示されます。

firefoxがflathubに見当たらないらしいです。

うーん、何故でしょう。
もしかしてMeditekに対応してる物がない??
理由がわからないのでとりあえず通常のapkから導入してみました。

sudo apt install firefox-esr

導入できました。

少し使ってみましたが、1.起動が遅い 2.読み込みも遅い 3.日本語が使えないっぽいという問題に直面しています。
1と2は多分スペックの問題、3は設定などがあるのかもしれませんが今の所わかりません。
とりあえず少し調べてみようかなぁとは思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました