BlackBerry FanSite

日本唯一のBlackBerry専門情報サイト

*

ゲーミングスマホが欲しい その1 前置き編

   

最近フォートナイトやゾンビを撃つゲームなんかにはまっています。
これが非常に面白いのですが、横画面が基本なのでBlackBerryではキーボードが邪魔になって操作が非常にやりにくいです。そのため、ゲーム用にスマホを買おうと思いまして。
とりあえず何も考えずにKazunaで投げ売りされていたBlackShark2を購入しました。
本体39800円でSnapdragon855、RAM6GB+ROM128GBという、KEY2でSnapdragon 660を使っていた身としてはオーバースペックにも思える端末で。
コスパすごいいいじゃんぐらいに思っていたのですが、これがゲームをするうえで非常に便利で。
特に別売のコントローラーと、マスタータッチといわれる画面の押し込みを検知する機能、この二つが非常に快適にゲームをサポートしてくれます。

で、買ってから数ヶ月経ちまして。

新機種発売の噂とかがいろいろと聞こえてきて思ったわけです。

新しいのほしいなぁ と。

というわけで、ほぼ何の知識もないスマホといえば文字入力と思っていたユーザーがゲーミングスマホについて色々調べてメモしていこうというのがこの記事の趣旨になります。

■ゲーミングスマホの定義

そもそもゲーミングスマホとは何を指すのか、という事を考えた場合。
このサイトでは「高機能かつゲームに特化した何らかの機能を備えるスマホ」を指すこととします。
ただ高機能でゲームがサクサクできますという程度の物は対象外です。
そして最近新機種がリリースされている機種に限ることとします。というわけで、そういう趣旨で色々調べてみたところ今回の対象は以下の通りとなります。

●Lenovo Legion Phone Duel
●ZTE Nubia RedMagic 5G
●ROG Phone 3
●Black Shark 3 pro

Black Shark 3、Xperiaという選択肢もあるかなと思ったのですが、BlackShark3は2とあまり変わらないので、今回は3 proの検討でいいかなという感じですし、Xperiaはゲーム機のコントローラーが繋がるというのが魅力なのですが、本体のゲーム機能としては弱いなと。

ゲーム機のコントローラー持って会社なんて行けないので、会社のトイレでサボって遊べませんしね。

■新機種に期待したいところ

一番期待するところは、操作性の向上です。
BlackShark2よりもさらに操作性が向上することを期待したいところです。
BlackShark2で気に入ってるところは以下のような点です。

1.マスタータッチ

マスタータッチとは画面の押し込みを検知して画面の特定箇所にタッチ判定を発生させる機能です。
例えばPUBGやフォートナイトのようなゲームは大体画面左側のソフトコントローラーでキャラクターの移動、ジャンプボタンでジャンプ、画面右側のスワイプ操作でキャラクターの向きやエイムの変更、攻撃ボタンで撃つ、という操作を実現しています。

これらの操作を時に同時にスムーズに行おうとした場合、単純計算で指4本での操作が必要になります。(走りながらジャンプしてエイム(銃などの照準)合わせて撃つとか)

ニュータイプの皆様には両手の親指と人差し指を使って行うカニみたいな簡単な操作でも、地球の重力に縛られたオールドタイプの人間には到底不可能な操作です。

オールドタイプがこの平坦な画面で使えるのはせいぜい親指二本、それが地球の重力にとらわれたアースノイドの宿命です。
そこでマスタータッチという機能なのですが、これは画面の右半分、左半分を押し込んだ際にそれぞれ画面のどこかをタッチしたという判定にしてくれる機能です。

例えば画面左側を押し込めばジャンプボタンを、右側を押し込めば銃を撃つボタンを押すという設定にすれば、キャラを移動しながら画面を押し込んでジャンプ、エイムを合わせながら押し込んだら撃つ、という操作が可能になり、親指二本で走りながらジャンプしてエイム合わせて撃つという操作が可能になります。

押し込む強さも設定で調整できます。

ただ一つ、押し込むという操作は画面に対して垂直に力がかかるため、画面に対して水平方向に指を移動させる操作がやりにくくなります。
そのため、撃ちながらエイムを修正するという動きが悪くなるという欠点があります。

2.コントローラー

マスタータッチも便利なのですが、BlackShark2にはゲーム用のコントローラーが周辺機器として存在します。
これが操作性もよく、非常に便利です。
最近はコントローラーなしでキャラクターを操作するのが結構苦痛になりつつあります。

コントローラーは左右存在し、左が方向レバー、L1、L2、他に物理ボタンが4つ、右がタッチパッド、R1、R2、他に物理ボタンが4つ付いています。

ちなみに右側に取り付けるコントローラーは出来がポンコツなので左だけしか使っていません。
(エイム合わせは画面右半分ぐらいの広さを指でなぞって行う作業なのですが、タッチパッドは500円玉ぐらいのサイズしかなく、パッドの広さと画面半分の広さの差異でエイムの精度が落ちるため)

ちなみにコントローラーを取り付ける場合、専用のケースとコントローラーの両方が必要になります。
私が買った当時で左右のコントローラーがそれぞれ6000円ぐらい、ケースが3000円ぐらいと15000円の追加投資となりました。

3.取り逃した一瞬を録画するsharktime

BlackShark2には画面録画機能が付いているのですが、それとは別に30秒までさかのぼって録画できる「sharktime」というボタンが付いています。(多分裏で最大30秒間画面をずーーーっと録画してるんでしょうね)

この機能が非常に便利で、例えば不正行為をされた時の証拠であったり、面白ハプニングが起こった際の動画入手であったり、そういう時に利用できます。
twitterとかでネタを投稿したりするのにも非常に便利です。とりあえず気に入っているのはこの3つの機能です。

それを踏まえたうえで、色々調べて検討していきたいと思います。

 - BBB日記

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です