webm形式の変換 linux環境なら無料でできそうです

BBNews

ここ数日動画の変換について色々と調べています。
chromebookのデスクトップを標準機能で録画した場合Webmという形式で保存するのですが、それをAndroidアプリで編集しようと思うとmp4形式などに変換してやる必要があります。
Androidアプリで変換する場合有料アプリを利用しないといけないのですが、Linux用のアプリであれば無料でもできそうなので調べてみました。

ffmpegというコマンドラインアプリを使うことで変換可能です。

まずLinux環境を有効にするのはこちらを参照してください。

ASUS Detachable CM3にLinux環境を入れてみた
ASUSのDetachable CM3にはLinux環境が付属しているらしいです。私はほとんどLinuxを使わないのですが、あるものは触ってみたいということで、とりあえずLinuxアプリを有効にしてみました。設定の「デベロッパー」から...

その後ffmpegというアプリを入れます。
ターミナルを起動してsudo apt -y install ffmpeg
というコマンドを入力します。

これでインストールは完了です。

Linux環境を有効にすると「マイファイル」の下にLinux ファイルというフォルダが作られます。
とりあえずここに変換するファイルをコピーします。
ファイル名をコマンドで入力しやすいように、日付なんかに変えておくと便利です。

この状態でターミナルで以下のようにコマンドを入力します。

ffmpeg -i 動画ソース名 動画出力名

-iの後が動画のソース名を示す引数です。
その後に出力する動画のファイル名を記載します。
出力する動画名は拡張子に.mp4を付けておくと良いです。

これで出力された動画をもう一度ダウンロードフォルダなどにコピーすると、KINEMASTERなどで読み込むことが出来ます。
コマンドにアレルギーなどがなければ、これが一番いいかもしれませんね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました