スペック別chromebookの作業負荷について

chromebook

chromebookは安価でサクサク使えるのが存在理由というのは一般的な認識です。
たしかにそれは間違いではないのですが、多くの人が「だから高スペックのchromebookなんか意味がない」という論調に傾きがちなのには納得がいきませんでした。

私もせっかく3機種もchromebookを持っていて、それぞれにスペックが異なるのだから、どのCPUがどの作業にどれぐらい時間がかかるのかというのを計測したいと常々思っていました。
が、条件を考えたり揃えたりというのが面倒くさくて放っていました。

しかしながら、最近はなかなかに環境も整ってきたので、思い立って少し計測してみました。
その結果を掲載したいと思います。

実際に行ってみようとした時に考えたのが、どんな作業が負荷がかかり完了までに時間に差が出るだろうかということでした。
そこで思いついたのが簡単な動画の編集・エンコード作業です。
chromebookでの動画のエンコード作業は、主にandroidアプリを用いて行うので非常に負荷が高く、また完了までに時間がかかります。
そこで同じ動画を使って各端末でエンコードを行い、どれぐらい時間がかかるかを計測してみました。
作業に使ったのはこちらのAndroidアプリ、chromebook対応をうたうPowerDirectorです。

編集に使ったのはBlackShark3というゲーミングスマホで録画した、30秒間のゲーム動画です。
録画の設定は比較的低めに抑えてあって、解像度が1280*720、画質は16Mbpsの24fpsとしています。

ちなみに動画のサイズは27MBと、編集する動画のサイズとしては非常にコンパクトです。

こちらの画像をPowerDirectorで読み込み、それにMP3で音楽をつけて書き出します。
出力する動画の解像度はHD動画、720pで統一しています。(無料で試せる最大サイズです)

まず最初に試したのはASUSのC436FAです。

CPUが第10世代のインテル Core i7
メモリが16GB
ストレージが512GB (PCIE 3.0 x2)

というChromebookの中ではかなりオーバースペックと言われそうな高級機です。
こちらでエンコードを行った結果がこちら。

約13秒でした。
ここでのポイントはもっといろんな編集を入れたら遅くなるとかそういう話ではなく。
現行最高水準のハイスペックマシンだとこれぐらいの時間という事実です。

次に試したのがGalaxy Chromebook2です。
こちらはいわゆる私が人におすすめする際の一つの指標「CPUはCore i3、メモリは8GBあればしばらく問題なく快適に戦える」というスペックをきっちり備えているモデルです。
というか、私の上記の指標はこの端末を使って確信に至ったといっても過言ではないです。
Chromebookでこのスペックは堂々とミドルスペックと言っていいと思います。

CPUが10世代目のインテルCore i3
メモリが8GB
ストレージがeMMCの128GBです。

こちらで同様のファイルを書き出したところこのような結果になりました。
約1.5倍の時間がかかっているという計算になりますね。

そして最後に試したのがASUSのDetachable CM3です。
こちらいわゆるエントリー機と言われる端末で「低スペでそこそこサクサク」と言われている類のものです。

CPUはMediaTek Kompanio 500
メモリは4GB
ストレージはeMMCの128GB

こちらで試した結果がこちら。

2分43秒です。
何倍とかの話ではない気がしますね。
ストレージの速度とかで差が出るのかなとも思ったのですが、GalaxyもeMMCだったわという事で多分あまり影響ないと思います。
単純にCPUの差でしょうねこれは。

ちなみに、PCIeとかeMMCとかって何だろうという人はこちらを参照してください。

chromebookのストレージについて
chromebookを色々と物色していると新たな気付きを得ることがあります。 せっかくなのでそうやって気付いたことをメモしておきたいと思います。 今回はchromebookのストレージについてです。 eMMCとPCIeについて ...

ただ、誤解しないでもらいたいのですが、このスペックの端末でもWEBやtwitterを見たり、GeForceNowでゲームをしたりということは問題なく行えます。
(ハイスペック機に比べて多少待ち時間がある程度のことは問題と認めません)

個人的には出先でのテキスト入力やWEB、SNSの閲覧程度であれば、CPUはMediaTek Kompanio 500でも十分だと思います。

しかしながらchromebookでも動画のエンコードなどが行えるようになりつつある昨今で、そういったことも色々やりたいという思うのであればCore i3ぐらいは欲しいと言えそうですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました